事務職に限らず、転職活動をしている人にありがちなのが、条件を高望みしてしまうことです。
転職をするときには、高望みしすぎないというのは非常に大切なポイントとなります。

失敗しない転職に必要なのは、希望条件を明確にして、優先順位をつけることです。
あれもこれも望んでいると、いつまでたっても上手くいきません。
自分の希望条件を明確にするために必要な、転職に対する考え方についてまとめました。

転職条件の優先順位を明確にする意味とは

転職が上手くいかない理由は、大きく二つに分けられます。
「どの企業も良く見えて絞れない」というケースと「どの企業もしっくりこない」というケースです。

この2つは対照的に思えますが、根本的な原因は同じです。
自分が働きたい企業のイメージが掴めておらず、希望条件を明確にできていないからです。
優先順位がしっかり自分の中にできていれば、その条件に合わせて企業を絞り込んでいくのは簡単です。
求人を選べないということは、自分のなかの優先付けが明確になっていないからなのです。

自分が何を一番求めているかを基準に考える

転職に対する条件は人それぞれです。
やりがい、高収入、プライベート重視など、自分が何を一番大切にしているかをまず考えてみましょう。

とにかく高収入がいいという方と、自分の時間を大切にしたいという方では、選ぶ企業も全く変わってきます。
自分の中で譲れない条件をいくつかピックアップしてみましょう。

しかし、この時気を付けたいのが「高望みしすぎない」ということです。
特に、高収入とプライベートの充実など、相反する条件をいくつも重ねてしまうと、条件に当てはまる求人の選択肢はどんどんなくなっていきます。

自分が思うすべての条件を満たす求人というのはまずありません。
どうしても譲れないという条件をいくつかに絞ったら、後は多少の妥協も必要です。

希望条件を明確にすれば交渉もやりやすい

転職に対する条件の順位付けがきちんとできていれば、面接の際などの条件交渉がやりやすくなります。
たとえば、求人を選ぶ段階では、どうしても譲れないいくつかの条件を基準に企業を選び、面接の際にその他の条件に付いて交渉してみるのもいいでしょう。

転職エージェントとのやり取りも、漠然とした条件しかないとうまくかみ合いません。
満足いく転職を実現させるためには、自分の価値観を明確にしておくことです。
自分の条件や価値観についてしっかり説明できる客観性はとても大切です。