転職活動をする上で、面接は避けられません。
失敗しないためには、第一印象が何より大切です。
身だしなみのポイントを抑え、事前に対策を行ない、隙の無い態度で面接に臨みましょう!

面接に行くにはどんな服装がいい?

事務職の場合、身だしなみと清潔感は非常に重要です。
試験の際は、リクルートスーツを着ていくようにしましょう。
リクルートスーツも、できるだけオーソドックスでシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

事務職は他部署とのかかわりがあったり、来客に対応したりする場合も多いため、きちんとした身だしなみが整っているかは厳しくチェックされます。
仮に、面接時は普段着でも可とされていても、できる限りリクルートスーツで行くのが一番です。

スーツはパンツスーツでもスカートでもどちらでも構いませんが、スカートの場合は丈が短くなりすぎないように注意して下さい。
基本的に事務の仕事は裏方の仕事です。
派手な服装は避けて、シンプルを心がけましょう。
清潔感があって品のある身だしなみを意識すれば第一印象も抜群です。

質問内容をあらかじめ想定しておこう!

どんなに人前が得意でも、やはり試験の現場では緊張して上がってしまう場合もあります。
面接の際に緊張せずに自分の意見を伝え、自己アピールができる人材は評価も高いです。
いざという時に慌てないように、質問内容をあらかじめ想定しておくのは非常に重要です。

事務職でよくある質問は、まず「パソコン操作ができるかどうか」というもの。
今や事務の仕事はパソコンを使うことが大半です。
そのため、必ずといっていいほどパソコンのスキルに対しての質問があります。

これは、パソコンのできるできないを聞かれているのではなく、パソコンを使って何ができるかというのを良く聞かれます。
企業も即戦力を求めているため、パソコンの能力は高いほどいいです。

志望動機もしっかり準備しよう

質問内容を想定しておくだけでなく、自分の意見をしっかり伝えることができるようにしておくのは大切です。
これまでの職歴や志望動機は必ず必要になるため、事前に自分の考えをまとめておきましょう。
志望動機に対する質問で多いのは、なぜ事務の仕事ではなく、この会社を選んだかというものです。
仕事や会社に対する意欲を見られているので、真剣に考えましょう。
転職には自己アピール力が重要です。
転職を成功させるには自分の能力や長所を相手に詳しく伝える力が大切です。