事務職で働きたい女性にとって、転職活動の第一歩が履歴書になります。
履歴書は、その人が企業の求める人物像にあっているかを確かめるためにあります。
そのため、志望動機や職務経歴書の書き方など、受かる履歴書を作ることが大切です。

履歴書で抑えたいポイントとは

求人に応募する際には、企業が何を求めているかということをよく理解することが大切です。
たとえば、営業職と事務職ではアピールするポイントも全く違ってきます。事務職の場合は、パソコンスキルの高さや、地道な仕事でもこつこつ取り組めるかどうかという点が重視されます。

そのため、企業の求める人材であることをアピールできるような内容を盛り込むことがポイントとなってきます。

志望動機は具体的に!

企業が最も嫌うのは、例文を丸写ししたような個性の無い志望動機です。
なぜ自分がその企業を志望したのか、自分のどのような点が事務職に向いているのかなど、志望動機はできるだけ具体的に記入します。
しっかりと根拠のある志望動機があれば、人事担当者を納得させ、採用に一歩近づきます。

そのためには、企業研究が重要です。
事務職だからといって、企業研究をおろそかにしてはライバルに勝てません。
自分が会社にとってどれだけ有用な人材であるかというアピールのためにも、履歴書には具体的に書きましょう。

また、未経験の場合はなぜ事務の仕事に挑戦しようと思ったのかというアピールの他に、事務の仕事につくためにどんな努力をしたかというのが分かるようにするといいでしょう。

たとえば、事務の仕事に役立つ資格を取得したなど、未経験でもやる気が伝わるような書き方をしましょう。

職務経歴書は過去の仕事の成果をアピールしよう

転職活動において、職務経歴書というのは絶好の自己アピールの場です。
しかし、専門職や営業職と違って、事務職は仕事の成果をアピールするのが難しい職種。

何故なら事務職の仕事には数字で見える実績がないため、どんなことに取り組んで、どんな成果を出したかがわかりにくいからです。

職務経歴書を書く際は、これまでに経験した業務を詳細に書くのはもちろん、使ったアプリケーションや、工夫したポイントなどを書くのがおすすめです。
企業の担当者が職務経歴書を読んだ時に、あなたがどんなスキルを持っていて、どれくらいのレベルの仕事ができるのかが分かるようにしましょう。

また、事務といっても一般事務、医療事務、金融事務など専門は様々です。
どんな業務の仕事を得意としていたかについても触れておきましょう。